株式投資の見逃せない情報をリアルタイムに発信します。 お金がお金を生むのは、超快感かも? 短期投資、デイトレードなんでもおまかせください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
有効求人倍率13年3ヵ月ぶりに1倍回復

厚生労働省はきょう、去年12月の有効求人倍率が、13年3ヵ月ぶりに「1倍」に回復したと発表しました。

数字の上では景気回復は順調に進んでいるようですが、皆さん実感として景気が回復しているように感じられますか・・・。

実は資本主義社会では、まず、企業業績が改善してからでなければ、雇用数はのびません。

それまで過剰在庫を整理するために、当然操業度を落としていますが、在庫整理一巡後に需要が回復してくると、徐々に操業度を上げていきます。

この時、操業度を回復するには、労働力が必要となります。

ここで雇用が伸びるのですが、そのことで給与や賃金が支給され可処分所得増え消費が伸びます。

この順でお金が動いて行く訳ですから、百貨店や消費関連は最後によくなるのです。

ところがバブルの崩壊は資産デフレを招いたわけで、このサイクルが上手く機能しないまま13年も経過してしまったのです。

ここで求人の内容を精査して見ますと、去年12月の全国の有効求人倍率は、11月の0.99倍から0.01ポイント上昇し、ちょうど1倍となりました。

数字の上では仕事を求める人と求人の数とが、釣り合っていることになります。

しかし、一方で地域間の格差や職種・年齢による雇用のミスマッチが続いていて、「売り手市場」の恩恵を受けられるのは、一部の労働者に限られそうです。

内容は、まだまだ脆弱なものです。そんな中、またぞろ防衛施設庁の談合が発覚「大気社」をはじめ空調メーカーが係わっていたことが明らかになりました。

昨日、指摘しておきました、「パレスチナ問題」も含めて、バッド・サプライズには注意しておいてください。

大きく下げる局面が考えられます。

--------------------------------

この講座を受講すると・・・
投資初心者の域から脱します。。。
   ↓↓
【ゼロから始める稼ぐ株式投資家養成講座】

確立した投資法をお探しなら・・・
   ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。