株式投資の見逃せない情報をリアルタイムに発信します。 お金がお金を生むのは、超快感かも? 短期投資、デイトレードなんでもおまかせください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
今回のライブドア・ショックに思う!

今回のライブドア・ショックで売りが売りを呼ぶ相場展開が続いた東京株式市場ですが、ライブドアだけがこの悪循環の原因だったのでしょうか?

某証券会社はライブドアと関連会社の担保価値を「ゼロ」にして、投資家の投げを誘い、膨れ上がった約定に対応しきれなくなった東証の売買停止など、その他にも色々な悪環境が重なった結果と言えます・・・。

昨年10月末からの株価の動きを見ていて思っていたことは「個別銘柄」も日経平均等の「全体指標」もスピード違反の感を否めない状況でした。

この様な、時は必ずしっぺ返しがあるのが相場です。

「山高ければ谷深し」「上げはまちまち下げ一緒」まさに相場の格言が当てはまってしまったかっこうです。

今回の下げは、確かにライブドアの事件がきっかけになってはいますが、具体的に原因をあげてみますと;

①ライブドアの証券取引法違反容疑と粉飾決算疑惑
②インテルの決算が予想を下回ったこと
③原油が再び騰勢!1バーレル66ドル乗せ
④証券会社がライブドアと関連会社の担保価値を「ゼロ」にして信用の投げをさそった
⑤その事によって膨れ上がった約定を処理できない東証システムのお粗末
⑥そして、相場が過熱気味で何時大きな調整があってもおかしくなかった

特に⑥番が一番大きな原因で、ライブドアはたまたまきっかけになってしまった。

ここまで相場が上昇してくる過程では、色々な事件がありました。

「橋梁談合」「コクドの違反」「マンション偽装」等々まだたくさんありますが、相場に過熱感がなく上昇トレンドに乗っている時は、悪材料を「出尽くし」として織り込み、更に上を取るのが相場です。

もし、昨年の早い時期に今回のライブドア事件が暴かれていたら、これほどの下げにはつながらなかったでしょう。

確かに、新興勢力の事件だけにインパクトは強いものがありますが・・・。

ともあれ、ここは冷静に対処して良い時期を待ちましょう。

問題なく日本経済は上昇過程を辿っているのですから。

潤沢な資金を持っている外人は、こんな時こそ喜んで安くなった下値を拾っていることでしょう!

ここは、私たちも今後の上昇相場に備えて実力をつける時期と心得、株式投資の勉強に目を向けて見ることも大切です。

---------------------------------

お待たせしました!
【ゼロから始める稼ぐ株式投資家養成講座】


先行予約で沢山の方からお申し込みをいただきましたが、
やっとのことで、完成いたしました。

株をこれからやってみたい!
なかなか成果が出ない!

こんな方には是非、受講していただきたい講座です。
稼げる投資家になりたいなら必見です。
「株式投資・インターネットスクール」
   ↓↓
【ゼロから始める稼ぐ株式投資家養成講座】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。