FC2ブログ
株式投資の見逃せない情報をリアルタイムに発信します。 お金がお金を生むのは、超快感かも? 短期投資、デイトレードなんでもおまかせください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
使い方で大きな威力を発揮する「移動平均線」

移動平均線と言うと多くの方が知っているにもかかわらず、十分に活用している方が少ないのは残念なことです。

グランビルも嘆いているのではないでしょうか。

その、移動平均をフル活用すると、思いもよらない成果をだすことも可能です・・・。

移動平均をこの世に出したグランビルは8つの売買シグナルを法則としてまとめました。

これを「グランビルの法則」といい、売りと買いの、それぞれ4つの法則があります。

これらの法則を理解し活用されている方もいらっしゃると思いますが、未だ活用されていない方のためにも、復習を兼ねて再度確認してみましょう。

買いシグナル;
①移動平均線が下降又は横ばいから上昇に変わり、株価が移動平均線を上に突き抜けた時

②移動平均線が上昇中に株価が移動平均線を下回っても、依然として移動平均線が上昇を続けている時

③移動平均線より上にある株価が、下がり始めたが移動平均線を下回らずに再度上昇に転じた時

④移動平均線が下降中ではあるが、株価が極端に下げ移動平均線から大きく乖離(かいり)した時


売りシグナル;
①移動平均線が長い期間上昇した後に横ばいから下降し始めた時

②下降中の移動平均線を株価が上回ったが、依然として移動平均線が下降を続けている時

③移動平均線の下降中に株価が上昇したにもかかわらず、移動平均線を上回らずに再度下降に転じた時

④移動平均線が上昇中ではあるが、株価が極端に上げ移動平均線から大きく乖離(かいり)した時


如何でしょうか、貴方の投資に多少なりともお役にたちますでしょうか。とにかく儲けましょう!

------------------------------------

買い、売りのポイントが判断できますか?
   ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル
 
デイトレに挑戦してしたいあなたに!
   ↓↓
■稼ぐデイトレテクニカルマニュアル
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。