株式投資の見逃せない情報をリアルタイムに発信します。 お金がお金を生むのは、超快感かも? 短期投資、デイトレードなんでもおまかせください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
指数と中身の乖離現象がみられます・・・
303円86銭安の株価指数(日経平均)の内容
昨日の日経平均は303.85円安と大幅安、投資家の中にはひやっとした方もいらしたのではないでしょうか?

昨日の相場の内容を冷静に吟味して見ますと、もう気がついている方もいらっしゃると思いますが、指数と中身の乖離現象がみられます・・・。

もう一度指標の中身を具体的に見てみましょう。

TOPIX  1659.03(- 25.87)▼1.54%
日経平均  16124.35(-303.86)▼1.85%
値上り銘柄数 642 (昨年来)新高値 311
値下り銘柄数 949 (昨年来)新安値  61
売買高概算  27億6831万株  売買代金概算  3兆4322億円
為替 114.57円

この内容を見て貴方は、どの様に感じましたか?

確かに日経平均は大幅安です。TOPIXも下げてはいますが、率では日経平均の下落率の方が大きく、更に値上り銘柄数と値下がり銘柄数を見てみますと、普通、日経平均が300円以上も安くなれば値下がり銘柄は1200銘柄以上あっても不思議ではありません。

加えて、新高値銘柄数を見ると311銘柄となっています。

この新高値銘柄は上昇相場のバロメーターとも言える指標で、新高値銘柄数が一定期間の比較で減少しはじめると相場は下降線を辿り始めます。
また、下降し始めますと新高値銘柄数は一桁になってしまいます。

売買代金概算も、大商いとなっていることから、下値はチャッカリと拾っている本尊がいらっしゃるようです。

為替が1円以上の円高に振れたことによる日経平均の下げと解釈した方がよさそうです。

日経225を構成する銘柄に「ハイテク・輸出関連株」が多いことからも理解できます。

安いところはじっくりと仕込みましょう。

------------------------------------------

的中率で勝負するなら・・・
   ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル
 
デイトレに行き詰ったあなたに!
   ↓↓
■稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

あなたの投資スタイルは?
   ↓↓
■ゼロから始める稼ぐ株式投資家養成講座
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。