株式投資の見逃せない情報をリアルタイムに発信します。 お金がお金を生むのは、超快感かも? 短期投資、デイトレードなんでもおまかせください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
商品(素材)市況の高騰と株高!

東証1部の住友金属鉱山は日本を代表する「産金株」として有名ですが、その株価が9月に長期のボックス圏から上放れて新値を更新し勢いが加速しています。

チャートをご覧になるとお分かりになると思いますが、2004年1月から2005年8月まで800円を挟むボックス圏で推移していました・・・。

この動きの裏には、商品市況の「金」価格の騰勢が大きな影響を与えている訳ですが、この金価格の軌跡を追って見ますと、2000年10月の1オンス260ドル前後を底に現在まで一貫して上げ続けついに1オンス500ドルの大台に乗るところまできています。

反面、原油市場は8月半ばに1バーレル70ドルをつけた後は下げに転じていますが、東京株式市場と類似して商品市況でも資金の循環物色が旺盛なようです。

当然原油市場で潤った「オイルマネー」は昨日お話ししました「強いドル」で相対的に割安な日本株を力ずくで買ってくるわけですから、東京市場は過熱感があるにも係わらず、売られても直ぐに買い戻される展開となっています。

このような流れから、今回の素材市況の高騰は住友金属鉱山のような個別銘柄を買う口実を与えながら、中長期的に全体の銘柄の水準訂正が更に顕著になって行くものと思われます。

多少、短期の調整があっても、ロングで見れば日本株の上昇はまだ道半ばというところでしょう。

どうか、流れには逆らわないように!

-------------------------------------

■超短期投資分析表作成マニュアル購入者様への
■稼ぐ株式投資 最初の一歩 無料提供は
本日(11/30)で終了・・・

「この機会に」とお考えの方は今すぐお申し込みください。
お申し込みはこちらから⇒ ■超短期投資分析表作成マニュアル

この「稼ぐ株式投資 最初の一歩」は
あなたの株投資の即戦力アップに役立ちます!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。