FC2ブログ
株式投資の見逃せない情報をリアルタイムに発信します。 お金がお金を生むのは、超快感かも? 短期投資、デイトレードなんでもおまかせください。
晴々と大幅高も未だリバウンドの域を脱せず!今後の流れに注意!
晴々と大幅高も未だリバウンドの域を脱せず!今後の流れに注意!

24日の東京株式市場は、朝方の外国証券経由の寄り付き前注文状況で久しぶりに約2000万株の大幅買い越しを好感して始まり、市場に外人の買いが戻ってくるのではないかとの思惑もあり、寄り付きから堅調に推移しました。

前引けにかけては、円安の追い風を受けて、一段高の133円高で引けましたが、後場に入ると銀行株や新興市場のさえない動きを映して徐々に値を消し、一時90円安まで売りこまれ、またぞろ弱気の虫がでてきたかっこうでした・・・。

しかし、その後の動きは、いままでの下げてきた過程での売られ方とは反対に、押し目を拾う動きが見られ、株価先物にも大口の買いが入るなど、安堵感が広がると一転買い優勢となり、ほぼ前面高の様相を呈し、久方ぶりに308円高の高値引けとなりました。

ここで、気になる今後の動きですが、5月8日ザラバ高値から5月24日安値まで12日間の日経平均ベースで約1860円今日も下落した後だけに、当然このくらいの反発があっても不思議ではありません。

ここで私たちが注意しておかなければならないことは、一つには、昨日の新安値銘柄数は265銘柄もあること(参考までに新高値銘柄は8銘柄)です。

このことは、308円高の裏に未だ調整が完了していない銘柄も数多くあることを物語っています。

また、いままでカラ売りをかけていた投資家が、心理的な値ごろ感から利益確定の買戻しを入れてきたことによる上昇も手伝っていることが挙げられます。

そこで、幾つかクリアーしなければならない中で以後二日の値動きで、リバウンド以上の上昇を期待できるのは、本日、日経平均がプラスで引けるかマイナスでも小幅安で引けること。

更に明日は確実に昨日の高値15907円より高い終値で引けることです。

その上で、上昇して行った株価が25日移動平均線を遥かに上回るか、例え、25日線ではじかれて下落しても昨日の安値15508円を下回らないで反騰に転じることが大切です。

これらの動きを一つ一つ検証しながら今後の投資戦略をたてましょう。頑張って儲けましょう。

-------------------------------------

★デイトレーダー必見!
デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
  ↓↓
■デイトレ分析表作成マニュアル

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する