株式投資の見逃せない情報をリアルタイムに発信します。 お金がお金を生むのは、超快感かも? 短期投資、デイトレードなんでもおまかせください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
政府発表、景気拡大4年4ヶ月継続でついにバブル期を抜く!
政府発表、景気拡大4年4ヶ月継続でついにバブル期を抜く!

一昨日の機械受注の下方修正は悪材料でしたが、為替も円高が一服、政府の景気拡大4年4ヶ月継続発表で買われても良い材料があるにもかかわらず、相場はまたしても先物主導で大幅続落となりました。

一昨日の相場が寄り付きより引けが高く、例えマイナスで引けても陽線が示現している銘柄が多かったため「底打ち完了か」と言及しましたが、大きく外してしまいました。

「分析表」では、上昇バイアスが示現していなかっただけに、やはり一人よがりは大怪我の元と反省しきりでした。

客観的データは尊重しなければならないということですね!

ところで、昨日(16日)の引けで25日移動平均線どころか、完全に75日移動平均線を下回ってきました。

3月8日以来のことですが、3月の時点では翌日直ぐに75日移動平均を上回って、相場の上昇トレンドが確認できました。

今回も、大きく切り返しが欲しいところですが、毎年5月特有の外人の中間決算で、利益確定の売りに押され何ともスッキリしない相場が展開されています。

昨日も、一時的にはプラスでシナリオどおりでしたが、やはり先物主導で大幅安、更に、信用の追証による投げが加速していることも事実です。

悔しいですが、外人筋は、利益確定売りで投資資金が潤沢になっていることから、この投げを安いところでは必ず拾っている筈です。

いつものこととは言え、彼らに先回りすることは難しいとしても、彼らの動向をキャッチして一緒に行動できれば(彼らを利用できれば)勝てるのですが・・・。

そのための方法は、やはり的確な分析で「大曲り」(相場の転換点)を把握して対応するしかありません。
補助的には、時々言及しています「外国証券の寄り付き前注文状況」に注意をはらっておくことです。

「分析表」をお持ちの方は、日経平均分析で下降バイアスが出た時点で、条件に該当する銘柄を売っておけば、大儲けでした。

株に「たられば」はありませんが、こんどは、上昇シグナルを見落とさないようにして、買いで大きく儲けましょう。

-----------------------

昨日デイトレの新マニュアルを発表しましたが
多くの問い合わせをいただきました。
やはり、デイトレーダーは「稼げていない」・・・
これが現状でしょうか。

答えはここにあります。。。。
  ↓↓
■デイトレ分析表作成マニュアル


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。