株式投資の見逃せない情報をリアルタイムに発信します。 お金がお金を生むのは、超快感かも? 短期投資、デイトレードなんでもおまかせください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
予定どおりの目先調整は上昇エネルギーの蓄積ととらえましょう!



昨日の東京株式市場は、インフレが抑制されているとの観測から、4日のニューヨーク市場が上昇したことを好感して、寄り付き直後から上値を買う動きが顕著でした。

しかしながら、高値警戒感と益出しの利食い売りに押され、後場には値を消す銘柄が多く、最終的には48円93銭安で引けました。

テクニカルの面でも、再三警告しておりますが目先陰転指標が点灯しており売られやすい環境に変わりはありませんが、反面、下値を拾う動きもあり売買高概算も21億4000万株を越え、売買代金も3兆2500億円とまた3兆円を越えてきました。

超短期ボリュームレシオも0%に接する銘柄が1100銘柄を越えてきています。

約4500銘柄の四分の一が、目先の陰極をつけてきました。
これらの銘柄から先駆けて飛び出していく銘柄があるわけです。

ストキャスティクスのK%が上昇トレンドを維持していて、先ほど述べた超短期ボリュームレシオが0%から反転し始めた瞬間を買うとちょうど上がり始めを買うことになり、確実に利益がのってきます。

「超短期投資分析表」を活用されている方は、単独で使用しても、上記の指標と併用しても、その上がり始めを買うチャンスの到来です。

今回は、前の上昇で晴れ晴れと上昇せずに、押さえられていた銘柄を選んで注目銘柄として分析しておきましょう。

特に前回の上げで、大量の出来高を伴って上げた銘柄は避けてください。

この次の上げでも、貴方のスキルを発揮して大きく儲けてください。

--------------------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
   ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル
 
【稼ぐ投資家】になりたいですか?
   ↓↓
【ゼロから始める稼ぐ株式投資家養成講座】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。