株式投資の見逃せない情報をリアルタイムに発信します。 お金がお金を生むのは、超快感かも? 短期投資、デイトレードなんでもおまかせください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
長期上昇のための必然的な歓迎すべき調整!
長期上昇のための必然的な歓迎すべき調整!
昨日の東京市場の下げは、目先のテクニカルでは、必然的な歓迎すべき調整です。

このことは、再三に渡って言及してまいりましたが、上昇シグナルの点灯した銘柄と上昇継続の銘柄以外は一旦利食いとなります。

ところで昨日「銘柄選びのヒントとして、一押しから反騰体制に入った銘柄を見つけるために、前日陰線で引け、今日は切り替えして包み陽線で前日始値に面合わせか上で引けた銘柄を探してください。」というサジェスションをしておきまましたが、具体的にどんな銘柄なのかというお問い合わせが多く寄せられました。

そこで、私が意図していた銘柄をあげておきますので、宜しければ確認しておいてください。

その銘柄は、東証1部のコード番号7518のネットワンです。

3月31日の寄り付きが2450円、終値2420円で前日比30円安です。そして翌日が寄り付き2400円、終値2460円と前日寄り付きの2450円を上抜けて包み陽線で引けました。

そして、昨日ですが、寄り付き2460円、高値2560円、終値2530円で70円高でした。

このように、中期騰勢が確認できれば、全体相場が目先調整局面となっても「ネットワン」のような出遅れ銘柄をチャート分析で探しだすことは可能です。

ただし、同じパターンの銘柄がすべて上昇するかといえば、残念ながらすべてとはいきません。

寄り付きが高く引けはマイナスとなって値を消す銘柄もあります。

この場合は、ただ単にチャート分析だけでなく、別な手法でテクニカル分析を施さないと確実な線はでてきません。

弊社の「超短期分析表作成マニュアル」を使用されている方は、「分析表」を作成して「買いシグナル」を確認して併用することをお勧めします。

分析表をお持ちでない方は、他のテクニカル分析の方法を併用して買って良いかどうか確かめましょう。

これに準ずる銘柄を探してみましょう。

株で儲けるには、このような地道な努力が必要です。

-------------------------

テクニカル分析で作ったシートは?
  ↓↓
http://tinyurl.com/q8qow

この分析はこれを使用しています。
  ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。