株式投資の見逃せない情報をリアルタイムに発信します。 お金がお金を生むのは、超快感かも? 短期投資、デイトレードなんでもおまかせください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
エネルギー離散で、好材料にも反応なし!
エネルギー離散で、好材料にも反応なし!
このところ、外人の売り越しが鮮明となり、相場エネルギーの離散傾向が顕著になってきています。

このような相場つきの場合には、先物の動きに現物が大きく影響を受けることが多く、思わぬ方向に揺さぶられてなかなか思うような利益を獲得できなくなっているのではないでしょうか。

内閣府が17日発表した2005年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期(7~9月期)比1.4%増と、4期連続のプラス成長となりました。

年率換算では5.5%増と、予想を上回る伸びで日本経済の好調が確認できたかっこうです。

一方、株式市場に目を転ずれば、「笛吹けど踊らず」こんなに良い材料でも、反応しないどころか。

330円も日経平均は下げて終わりました。

数ヶ月前であれば、この様な好材料が出ればどんな銘柄もそれ行けドンドンで買われた筈です。

それでは昨日の下げは、つじつまが合わないのでしょうか?
そんなことはありません。
ご承知のように、株価は半年先の材料まで価格に織り込むということが言われています。

昨日のGDP速報値で日本経済の好調が確認されたということは、すなわち、日銀の量的緩和の離脱が確実なものになったことを意味しています。

当然、株価は市中の流動性の減少を織り込むわけで、昨日330円下げたことは当然なことなのです。

基本的には、このことを織り込むまでは株価が下げていっても不思議ではないのです。

株価の二極分化はまだ進みます。
勝ち組みは、収益性が高く借金の少ない銘柄。
一方負け組みは、財務体質が弱く、収益性の低い銘柄です。

土日の休日に銘柄選定をしてみたら如何ですか!

------------------------------

銘柄を絞り込んだら・・・
これが威力を発揮します!
あなたの強いパートナーになるでしょう。。。
  ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。