株式投資の見逃せない情報をリアルタイムに発信します。 お金がお金を生むのは、超快感かも? 短期投資、デイトレードなんでもおまかせください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
金融相場から業績相場への移行を意識した投資行動を!

昨日の日経平均は110円84銭高も、いまだ高値抵抗線をクリアーできていません。

内容的にも 値上り銘柄数 580銘柄 値下り銘柄数 1018銘柄と110円も上げたわりにはお粗末そのものでした。

大引け20分前には、日経平均がマイナスだったにもかかわらず、15分前から大引けにかけて一気に110円高まで先物主導でもっていったやりかたには、何かの思惑があったのでしょうか。

あまりにも指数の揚げ足が早かったことで、現物の個別銘柄が指数についていけなかったという印象でした。

ところで、個別銘柄の動きに目を転じて見ますと、比較的値高(ねがさ)の好業績銘柄にしっかりとした買いが入っています。

最近、日銀が事あるごとに「量的緩和離脱」のアナウンスメントにふれ、政府への牽制も兼ねて地盤づくりに着手しています。

このことは、将来的に市中に出回っている通貨が減少していくことを意味しているわけです。

つまりここからは、金融相場が終焉し本当に収益性の高い企業が買われることを意味しています。

外人が、8週ぶりに売り越しに転じた今、ファンダメンタルズのしっかりした銘柄を選択することをお奨めします。

-----------------------------

★テクニカル分析なら・・・
  ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル

★株を始める前に勉強したい方!
  ↓↓
【ゼロから始める稼ぐ株式投資家養成講座】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。